保護者の声

2018/07/27

平成30年度 ある幼稚園の中からこばと幼稚園を選んだ理由

新入園児母 平成30年2月19日

 もう何年も前、テレビでヨコミネ式を取り入れている幼稚園の様子を見た。スーパー園児たちに驚き、何気なく茨城県ではどこの幼稚園で取り入れられているのだろうかと検索してみた。
 その当時出てきたのは2件。その中の1件がこばと幼稚園だった。当時は子どももいなかったので、私の中で、マクドナルドの近くの幼稚園というイメージから、なんとなく凄い幼稚園にバージョンアップした。
それから数年後子どもがうまれ、2歳前くらいから、幼稚園を意識し始めた時、最初に浮かんだのはこばと幼稚園だった。一応、市内にはどんな幼稚園があるのか簡単に調べてみたけれど、どうしてもこばと幼稚園のことしか頭に入ってこない
 妊娠中に、何かさらっと読んだ本の一節に、「子供の幼稚園を選ぶなら、教育環境の整ったところにいれてあげると良いでしょう。子供の創造性を尊重しと称して、のびのびと過ごしている幼稚園は、ただ遊ばせてるだけです‥‥」このようなことが書かれていた事をふと思い出し、この言葉がさらにこばと幼稚園への思いを助長させたのだと思う。
 そう考えると子供の大事な時期に過ごす場所として、素晴らしい環境じゃないかと。さらに、ヨコミネ式を取り入れている所が、県内で少ないというのに、こんなに近くにあるという事が嬉しくてたまらなかった。
 実際見に行ってみようと思いつつ、ホームページを眺め続け数ヶ月動かないと何も始まらないと思い、とても緊張しながら、勇気を出してハッピーエッグに申し込んでみた。
あまり、足を運べなかったので、さらにぴよこクラブに申し込んでみた。
だんだん、ぴよこの先生の素晴らしさ、幼稚園の様子も見えてくる。
見えるたびにさらに、素敵な幼稚園だという思いが増していった。先生たちの一生懸命さ、子供たちの元気で楽しそうな様子。私の思いは高まるばかりだった。
 でも、厳しいから大変という話も耳にしたりすることもあり、そんな事、ちゃんと見たことがない人の話なのでは?という思いと発達がゆっくりめなうちの子に本当に合う環境だろうか、親のエゴで辛い思いをさせてしまうのだろうかという気持ちにもなり、不安になり、迷ったこともあった。夫とも話し合い、一緒に見学にいったりした。
 でも、体験スクールや、説明会など話を聞くうちにそんな不安は薄れていった。園長先生のおはなしを聞く中で出来るようになることが目的じゃなく、成し遂げるまでの過程を大切にしている。この言葉が私を安心させてくれた。
決して子供たちに無理強いをしてるわけじゃない。素晴らしい心を育てようとしてくれてる。と。さらに、園長先生は、幼稚園という枠に囚われず、とても広いビジョンで子供たちのことを考えてくれていて、そのために何かに固執せず、新しいものを積極的に取り入れられる柔軟性もうかがえ、ぜひともこばと幼稚園に通わせたいと思った。
 こばと幼稚園を卒園した子と同じ小学校に入った時の事を考えた方が不安になるくらいだ。
 多少の、不安はあるけれど、3年後感動してしまう姿まで想像してしまうくらい、楽しみの方が大きくなっている。
 本当にありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

新入園児母 平成30年1月29日

 こばと幼稚園との出会いは、長男の幼稚園を決めるにあたり、数ヶ所の幼稚園見学をしている頃でした。牛久市内全ての幼稚園を見学し、最後がこばと幼稚園でした。園に足を踏み入れたとき、すぐに先生方が足を止め笑顔であいさつして下さいました。
 本当に爽やかで、挨拶の大切さ人への良い影響力を再認識しました。その後、体操などを見せて頂きましたが、あの時の衝撃と感動は忘れられません。私の中の幼稚園児像が一気に覆りました。本当に出来るようになるのか?うちの子にも出来るのか?不安半分、期待半分、でも絶対にこばとに入れたい!!主人と即決しました。しかし、我が家はぴよこに入っておらず、抽選での入園者決めでした。息子にクジを引かせ、見事入園!これも思えば、運命かもしれません。始めは不安だらけでしたが、先生方の熱意、愛情で、息子は親の期待以上の成長を見せてくれました。行事では何度涙したか分かりません。こばと幼稚園では、本当に息子の可能性を引き出してもらえたと思っております。
 前置きが長くなりましたが、こんなにステキな幼稚園は他にない!!長女の入園も迷わず決めました。これから娘の成長が楽しみです。3年間よろしくお願い致します。

新入園児母 平成30年2月13日

 まず、難聴児の娘の入園を許可してくれたことを、心より感謝しております。
 何をするにもゆっくりで、手のかかる娘です。それでも、毎回ぴよこクラブでは、あたたかく声をかけてくれ「子供の成長は1人1人ちがいます。」と必ず励ましてくれる先生たちに感謝の気持ちでいっぱいです。娘は体を動かすことが大好きで、運動をしている時は、最高に楽しそうです。だから、こばとの体操教育をうけさせ、何かひとつでも“前転”ができるようになった“後転”ができるようになったと自信をつけさせてあげたいのです。人よりも時間と努力は、数十倍かかると思います。それでもいいのです。たくさんの先生の笑顔と、楽しさで必ず楽しい幼稚園生活になると思います。園長先生のフレクシブルな考え方と、山崎先生のテキパキとした対応、そして先生たちのあいさつと機敏さはどこの幼稚園、施設にもないものだと思います。「何かあった時は、スタッフの方と一緒に考えながら進めていきましょう。」と言ってくれた園長先生の言葉が、グッと私の胸にささりました。安心して預けられる幼稚園を探すことができたこと、入園が決まってからは、なんて私たちファミリーはラッキーなんだろうといつも思っています。娘のことは、本当に手がかかります。
 娘の可能性を信じ、娘の毎日の幼稚園生活がこばと幼稚園でできることを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いします。

新入園児母 平成30年2月17日

 2歳児クラスのぴよこクラブからお世話になりました。
 貴園は厳しいと聞いていたので心配しておりましたが、園長先生はじめ先生方はとても優しく、厳しさは子供たちを第一に考えて下さっての事でそこには信頼関係があると感じました。
 また幼稚園を決めるにあたっては、つくば市への転居予定もあり、他の園も見学に行き検討しましたが、先生や子供たちが皆元気にあいさつをしてくれるのは貴園だけでした。小さなことかも知れませんが、とても重要なポイントでした。
 引っ込み思案なところがある息子ですが、誰に対しても元気に挨拶する姿を想像すると4月からがとても楽しみです。3年間どうぞよろしくお願いします。

新入園児母 平成30年2月16日

 昨年8月に牛久市に引っ越してきた私たち家族にとって、幼稚園を選ぶ時間は少なかったのですが、ほとんど即決でこばと幼稚園に決めたのには理由がありました。それはヨコミネ式の教育を取り入れているということでした。実は以前住んでいた地で上の子が通っていた幼稚園でもヨコミネ式の体操を取り入れており、コスモスポーツクラブの先生が来て教えていました。年長の園児たちが元気よくあいさつをし、軽々と側転や逆立ちをするのを感心して見ておりました。しかし残念なことにその幼稚園は上の子が年中に上がってすぐ父親の転勤のため退園。次の引っ越し先にはそういった教育を取り入れている幼稚園はありませんでした。
 今回、自宅を建てるために牛久市に引っ越してきて、幸運にも近くにヨコミネ式のこばと幼稚園があったのでさっそく見学に行きました。すると体操だけでなく読み書き・音楽・道徳など勉強・生活のさまざまな面で園児の力を最大限に引き出す教育が実践されているようでした。驚いたのは、名前の表記を漢字でしていること。子供たちはだんだんに自分の名前、さらには友だちの名前も漢字で読めるようになってしまうのだといい、子供にできるのはここまでと決めてしまうのでなく、どんどんやらせればそれだけ可能性を広げられることに、目からうろこの思いでした。また、ある時期だけというのでなく、年間通して毎日読み書き・音楽・体操のプログラムを行っているというのが非常に良いと思いました。年長さんの体操を見学しましたが、クラスのほぼ全員が難しい技を成功させており、これは毎日の練習の積み重ねの成果なんだなと感じました。
 また見学をしていて特に印象的だったのが、見学者の私たちに大きな声で元気いっぱいにあいさつしてくれた園児さん、そしてはつらつとした先生方の姿でした。息子には園生活を通して、このような礼儀正しさや感謝の気持ちを持つことも学んでいってほしいと思います。

新入園児母 平成30年2月10日

 幼稚園入園を考えるようになった頃、在園生のママからこばと幼稚園ではスポーツや勉強、道徳にも力を入れていると教えて頂き、こばと幼稚園の事をもっと知りたい、息子がやっていけるのかを見てみたいという気持ちからぴよこクラブへ入会しました。
 最初は椅子に座っているどころか、じっとしていることさえできなかった息子が、ぴよこクラブに入って暫くすると、ちゃんと椅子に座って先生のお話が聞けていたことにびっくりしました。
 教室に入った瞬間に見せる息子の笑顔から、先生が大好きで、仲の良いお友だちも出来て幼稚園が楽しいんだという気持ちが凄く伝わってきました。
 諦めないで常に明るく優しくご指導下さったぴよこクラブの先生方には感謝でいっぱいです。
 そして、幼稚園の説明会に参加した時に私はとても衝撃を受けました。在園生による体操の授業を見せていただいたのですが、先生の号令でキビキビ動き、倒立や側転、跳び箱など軽々とやっているのです。それを見て涙がでました。
 最初から出来る子なんていませんよね? これが出来るようになるまで、どれだけ努力し練習してきたのかという背景を考えたら感極まってしまいました。息子にできるかどうかという不安もありますが、それよりも、諦めないで頑張ること。頑張って続ける事。その先の達成感を是非味わって欲しいなという気持ちの方が大きくなりました。
 この幼い子たちにこのような気持ちを育てていらっしゃる先生方は本当に凄いなと思います。このこばと幼稚園なら息子の可能性を広げる事が出来ると思い是非入園したいと思いました。
 何より息子がこばと幼稚園に行きたい!と言っているのが決め手でした。
 これからの3年間、息子がどれだけ成長できるのかとても楽しみです。
 これから乗り越えなければいけないことが出てくると思いますが親子で一緒に頑張ります!

3年間お世話になります。どうぞ宜しくお願いします。

新入園児母 平成30年2月16日

 我が家の場合、長女がこばと幼稚園に在園しており、自然な流れで次女の入園を決めましたが、どうしてもこばと幼稚園でお願いしたい理由があるから、というのが私たちの正直な理由です。
 神経質で他人への警戒心が強くて親の私でも扱いが難しく、さらに肌が弱いという健康面でもとても心配だった長女。案の定「幼稚園行きたくない~(涙)」という日々が続き、どうしたらよいのか悩む時期がありました。しかし担任の先生が細やかな連絡を随時下さり、対策や方法を一緒に考えて頂いて…本当に丁寧に、長女にも私にも向き合って頂きました。そのおかげで、時間はかかりましたが集団生活を覚え、大好きなお友だちができました。
 大きなけがもなく幼稚園生活を過ごせていることは私たちにとってそれだけでありがたく。その上できることが増えていく様を目の当たりにし、他の園でこれ以上の保育をしてもらえるとは考えられなくなっていました。
 今度入園する次女は長女とはタイプが全く違うので、どのようになるかはわかりません。しかし、何があってもこれまでと同じようにきめ細やかな保育をしていただけると思うと既に安心しています。
 これからの次女の3年間をよろしくお願いします。

新入園児母 平成30年2月

 始めは「職場に近くて送迎が便利な幼稚園」「親の役員制度がない」などの理由で幼稚園探しを始めた私ですが、、、。既に通っている知り合いのママから、こばと幼稚園の教育観や、実際行われている内容をきいて興味を持ちました。こばと幼稚園の園庭で、瞳をきらきら輝かせながら、運動会の練習をしている子供たちを間近で見て、「どのこもできる」と子供の無限の可能性を引き出す教育って、こんなこともできちゃうんだ!!と感動しました。だって、あんなに小さな子供たちが美しくブリッジや側転をバッチリ決めて、できなーい!という子が一人もいなかったんですから、、、。
 そしてぴよこクラブに是非入会しようと決め、そのままこばと幼稚園への入園を希望しました。ぴよこクラブのベテランの先生方との関わりの中で、みるみるうちに心の成長をとげた我が子を見て、幼児教育の大切さを痛感し、人生の最も大切な3年間をこばと幼稚園で過ごさせたい、と思いました。これからの娘の成長をたのしみに、見守っていきたいと思います。親子共々、どうぞよろしくお願いします。

新入園児母 平成30年1月23日

 いくつかの幼稚園を2年間にわたって見学させていただきましたが何かしらの不安があり決め兼ねておりましたが夢体験フェアーに参加させていただき、こばと幼稚園に入園させたいと強く思いました。
 まず、先生方が優しく思いやりを感じました。心から子供に接してくれて、親に対してもとても丁寧に優しく応対していただけた事、またあいさつが明るくて気持ちの良い先生方ばかりで不安が一気に吹き飛びました。
 園長先生の子育ての目的は「自立させる事」・・・この言葉にも共感致しました。子供の可能性を最大に広げたい、将来の選択肢を増やしたい、その為には幼少期の土台がしっかりしている事、愛情を感じて育つことが不可欠であると考えていた私にぴったりの幼稚園だと思いました。
 そして何より子供を第一に考えてくださっているところが安心してお願いできると思いました。

新入園児母 平成30年2月17日

 私がこのこばと幼稚園を選んだ理由は、幼い子供だから出来る心の成長、そして色々な可能性を広げたいという思いからこのこばと幼稚園を選びました。
 >私が考えているのは、ただ普通の幼稚園に通い集団生活、マナーなどを学ぶという事はもったいないと思っています。もちろん集団生活やマナーはとても大切です。しかし体、頭を使い色々経験させて、子供に無限の可能性を知ってもらいたいと思っています。始めからなんでも出来る訳じゃないんだよ。だけど一生懸命練習してやればできるようになるんだよ!と自分を信じられる子になってもらいたいと思っています。
 私は心の自信は一生の宝物だと思っています。人生で何かにつまずいた時、諦めない心がどこかにあれば立ち直れると信じています。
 私はこのこばと幼稚園には諦めない心の始めの一歩が作れるのではないかなと思っています。やれば出来る、もし出来なくても最後まで諦めない心を作れるのではないかなと思います。それが夢育だと思っています。
 私だけでは子供に教えてあげられない事も、このこばと幼稚園に通うことで私も、子供も一緒に成長していきたいと思います。
 3年間宜しくお願いします。

新入園児母 平成30年1月31日

 長男がこばと幼稚園に在園中なので、次男も同じ幼稚園に、と思っていました。
 元々、長男の幼稚園選びの時にこばとの見学会に参加し、園長先生の考え方や、幼稚園の方針、保育の内容などこの幼稚園に通わせたい、と思っての入園でしたので今もその考えは変わらず、次男も通わせたいと思っての事です。
 初めての集団生活で親である私もいろいろ不安でしたが、先生方もきちんと見ていて下さり、幼稚園に伺った時やお電話で、「こんな事ができるようになりましたよ」や「こんな事がんばっていますよ」というような事も話して下さって、家とは違う様子でがんばっている事が分かるのもとても嬉しいです。
 兄弟とも、こばと幼稚園の3年間でどれだけ成長していくか、とても楽しみにしています。

新入園児父 平成30年2月16日

 昨年春まで長女がこばと幼稚園にお世話になっておりました。長女が入園する時は本人だけでなく私たち両親も初めての園生活はもちろん、幼稚園の選択そのものも果たして正しかったのかと色々と不安を抱えておりました。そして昨年長女が卒園を迎えた時に思ったのは、こばと幼稚園にして本当に良かったという事。決して無理はさせず、園児一人ひとりのペースに合わせた保育はかなりマイペースな上の子の負担を考えると有難く、優しい先生方の細やかな気配り、沢山のイベントの完璧な準備と速やかな進行と言ったところの安心感は言葉では表せない位です。この春から今度は下の子(長男)がお世話になりますが、故に安心してお任せする事が出来ます。子供だけでなくまた新たな3年の幼稚園生活を両親としても楽しみにしております。

新入園児母 平成30年2月17日

 私自身が、こばと幼稚園の卒園生で、また、私の姉と姉の子供もこばと幼稚園の卒園生です。
 こばとカラーは時代と共に移り変わってきましたが、いつの日も先生方の笑顔や明るいあいさつ、また親しみやすい対応は変わっていないのも、こばと幼稚園の最大の魅力だと思っております。
 そして、私の時には行っていなかった『ヨコミネ式』に、ものすごく興味を持っていましたので、今回入園出来た事をとても嬉しく思います。
 まだまだ甘えん坊の息子が登園し日々の積み重ねによりどのように成長していくのかが楽しみでなりません。先生方に見守られ、泣いたり笑ったりしながら3年間、充実した日々を送れるよう親子共々思いっきり楽しみたいと思います。
 色々とご迷惑をおかけする事もあるかとは思いますが、どうぞよろしくお願い致します<

新入園児母 平成30年2月11日

 こばと幼稚園を選んだ理由は、色々とあるのですが一番は子供の可能性を引き出してくれそうな所です。
 周りの噂でとても厳しい幼稚園と耳にしていたので、見学に行った時にはドキドキしていたのですが、見学をしていると思っていたのとは違い園児は楽しそうですし、先生は厳しい中にも優しさと一生懸命さが伝わってきてとても素敵な幼稚園だなと思いました。
 ですが、やっている事が他の見学へ行った幼稚園と全然違いレベルが高すぎるように思えて、自分の子がついていけるのか、出来るようになるのか不安でした。今まで色々な保育園、幼稚園、子育て支援のイベントに参加してきたのですが、落ち着きがなく、集中力もなく、人の話もちゃんと聞けなくて大丈夫なのかと心配だったので余計にこばと幼稚園に馴染めないんじゃないかと不安でした。
 でも、こばと幼稚園の園児の子供たちのようになってほしいという私の願いも込めて、ぴよこクラブに入ろうと決めました。そこで、子供が馴染めなかったら他の幼稚園に入ればいいと思っていたのですが、子供は毎週のぴよこクラブを楽しみにするようになり、他の幼稚園よりこばと幼稚園に行きたいと自分で決めました。優しく、しっかり一生懸命ご指導して頂いたぴよこクラブの先生方には本当に感謝しています。
 4月から通う事で更なる子供の成長が見れると思うととても楽しみです。これからも末長く宜しくお願い致します。

新入園児母 平成30年2月15日

 主人の転勤の話があがってから、転居先の幼稚園をネット等で探していました。
 こばと幼稚園はとても人気のある幼稚園で、プレに入っていないと入園できないとの声があったので、ダメでも仕方がないと思いながら、こばと幼稚園に電話をしました。
 他の幼稚園にも電話をかけましたが、こばと幼稚園の職員の方の電話の対応がとても丁寧で、印象が良く、資料もすぐに送って頂けました。資料を読んだ結果、活発な娘には良い幼稚園ではないかと思い、入園を希望しました。
 運良く入園が決まり、今後の幼稚園の生活が楽しみです。娘もまだ数回しか園に通ってませんが、とても気に入って、早く行きたいと言っています。

新入園児母 平成30年2月16日

 きっかけはヨコミネ式を紹介するテレビ番組を見たことでした。可能性に制限を設けないやり方に魅力を感じてぴよこクラブに入会しました。週1回でしたが先生方やお友だちをはじめクラスの雰囲気も大変良く、また、園児たちも楽しそうに園生活を送っている姿を見て入園させたいと思い至るようになりました。
 親族が通わせている別の幼稚園ではバザーやお遊戯会などのイベント準備に土日も追われていたりする様子を聞いていたので、そのような負担がかかることも通園にあたり心配事の一つでしたが、こばとの親になるべく負担をかけない方針というのも決め手の一つだったと思います。
 入園してから集団生活の中で子供がどのように成長していくのか今から楽しみです。

新入園児母 平成30年2月17日

 こばと幼稚園さんに入園を決めさせて頂いた理由は子供に対する教育が他のどの園よりも多く共感出来、貴園なら子供の可能性をきちんと伸ばす事が出来ると思った事と、先生方の子供たちに対する声がけや目くばりなど子供一人ひとりに対してしっかりと向き合い対応されている姿に感銘を受け、貴園なら娘の最初の集団生活を行う基礎を身につける園に最適な教育現場であると考え入園を決めさせて頂きました。
 3年間何卒よろしくお願いいたします。

新入園児母 平成30年2月21日

 私どもは美容室を経営しておりまして、こばと幼稚園に通わせているお母様、お父様からたくさん良い話をきいておりました。夢フェスタのレベルの高さ、運動会の盛り上がりや、ふだんの子供さんの様子がとても良くなり、小学校へ通わせる為の勉強に慣れさせる授業など、親も安心して預けられるとの事をきいておりました。
 私どもの息子は、エネルギーにみちあふれていて、見学にいった時に、初めてのお教室の中に圧倒されていましたが、すぐに「ここに通いたい!!」との事で、決定いたしました。体操などもハイレベルな事をみんなができる様になり、楽しく、健全な生活が送れると確信いたしました。家ではなかなか教えられない事をこばと幼稚園でたくさん教えて頂けると思います。

新入園児母 平成30年2月16日

 兄がぴよこクラブ含め4年間お世話になり、先生方の行き届いた熱心なご指導の下、様々な活動を毎日継続することで、子供が成長していく姿を目の当たりに致しました。小学校の勉強もスムーズに自信を持ってスタートすることが出来ており、毎日の努力は子供の力になるのだと実感しております。
 しかしながら、私が仕事を始め、今回入園させて頂く次男は1歳の頃から保育園へ。家からこばと幼稚園が遠い事、保育園に慣れお友だちもできた事などあり、このまま保育園に通わせようと一度は考えておりました。そんな中、次男は兄が楽しそうにこばと幼稚園に通う姿、幼稚園が楽しかった話を見聞きして、自分から何度も何度もこばと幼稚園の運動会やKOBATO夢フェスタのDVDを見ながら、楽しそうに走ったり踊ったり。「僕は何歳になったらこばと幼稚園行けるの?」と聞くように。「そうか、息子が行きたいのなら行かせよう!やっぱり、私もこばとでキラキラ輝くこの子の姿が見たい!預かり保育も充実しているし何とかなる!」とこばと幼稚園への入園を決めました。これからの幼稚園生活を親子共々とても楽しみにしております。3年間宜しくお願い致します。

新入園児母 平成30年2月17日

 まず最初にこばと幼稚園に興味を持ったのは教育にヨコミネ式を取り入れていることでした。子供の可能性を伸ばしてあげたいという思いで、ぴよこクラブに申し込みました。
 実際に園を見学してみると、私が想像していたヨコミネ式のイメージよりも園児たちがのびのびとしていて穏やかな印象なのも安心感が沸きました。
 先生方もいつも明るく挨拶をして下さったり、子供たち一人ひとりにしっかりと面と向かって声をかけてくださる姿勢も素晴らしいと感じました。
 こばと幼稚園で子供がどのように成長していくのか、とても楽しみです。
 3年間、よろしくお願いします。

新入園児母 平成30年2月16日

 周囲の人からこばと幼稚園の話を聞いて興味がありましたが、共働きのため、はじめは入園を諦めていました。しかし、預かり保育やコンパルソリー制度があることを知り、働いていても幼稚園を諦めなくていいんだと、希望を持つことができました。また、見学時に在園する子供たちから元気にあいさつをされ、とても感動しました。今は引っ込み思案な子ですが、3年間でいろんなことを学び、たくましく成長してほしいと思います。

新入園児母 平成30年2月14日

 現在年長さんになる兄が一人います。とてもマイペースですが、発想力と独自性のあるとても面白い子です。その長男は、夢フェスタに向けて練習する中「僕はがんばればできる子だから!」「あきらめないゾ!!」など、とても自己肯定感の高い言葉をたくさん言ってくれます。
 親も「失敗してもいいから、一生懸命やることが大事なんだ」と素直な気持ちを伝えられます。このようなやり取りが、自然に生まれてきたのは、きっと3年間の保育の中でたくさん学んできたからだと思います。今年入園する弟は、少し言葉がゆっくりでたくさん心配もしました。こばと幼稚園に入園してから、どんな保育をするのかわかっていたからこそ、本当にこの子のペースに合っているのか不安もありました。
 ぴよこクラブの先生方にもたくさんお話を聞いていただきサポートしてもらえるうちにやっぱりこの環境で3年間見守りたいという思いが強くなりました。そして、少しでもがんばる事が楽しいと思える子になって欲しいという願いを込めて、こばと幼稚園に入園することに決めました。
  3年間よろしくお願いします。

新入園児母 平成30年2月17日

 こばと幼稚園を選んだ理由は、長女が同じYYプロジェクトを導入している、千葉県の白菊幼稚園に通っていたことが大きいです。つくば市に転勤で来た時はこばと幼稚園を知らず市立幼稚園に長女と次女を通わせましたが、子供から「もっとお勉強がしたい。体操がしたい。幼稚園がつまらない。」と言われ、県内にYYプロジェクト導入園がないか調べたのがきっかけでこばと幼稚園を知りました。
 今、お世話になっている兄は上の姉たちに比べて気が優しいところがあり、入園前は体操やお勉強についていけるか心配でしたが、先生方のご指導がクラスのお友達からの刺激のおかげでしっかりしたお兄ちゃんになってくれました。
 今度お世話になる次男はとにかく活発でもともと身体能力が高いので3年間でどのように成長するのか楽しみに思っております。

新入園児母 平成30年2月16日

 昨年の3月に牛久市内へ引っ越してきてすぐに、上の子は小学校へ入学しました。間もなく、読み、書き、計算につまずき、なかなかお友だちもできず、上の子は友だちづくりにもとても苦労しました。
 そんな中で、下の子の幼稚園探しが始まり、こばと幼稚園の評判をきいて、説明会等に参加させていただきました。こんなに小さい子たちが、楽しそうに、いきいきと、一生懸命に体操や学習に取り組む姿には、本当に驚きました。先生方の御指導の賜物だと思いました。
 幼稚園を見学して下の子には、小さい頃から楽しく学習にふれてほしい、この幼稚園に通わせたいという思いが強くなり、こばと幼稚園を選びました。
 これから、娘がどんな風に成長していくのか、楽しみです。そして、私たち夫婦も親として子供と一緒に成長していけたらいいと思っています。
 これからどうぞよろしくお願い致します。

新入園児母 平成30年2月2日

 こばと幼稚園では、夢育という教育カリキュラムがあり、そのプログラムに惹かれました。
 子供は、環境で変わります。と見学の際に先生が言葉にし、どの子供を見ても教育、運動が発達していました。上手く出来なかった子に対しても見落とさず個別に対応していて、どの子も可能性があることの方針に納得し、私も環境がとても大切だと思っていたので、こばと幼稚園への入園に決めました。通っている子供だちを見てもみんな目が生き生きしていて、挨拶もしっかり出来、何事にも諦めず一生懸命取り組む姿は、とても素晴らしかったです。
 子供も家族も皆4月からの園生活が楽しみでなりません。3年間どうぞよろしくお願いします。

新入園児母 平成30年2月12日

 とても人見知りをする子で、話しかけられても私に顔をうずめてかくれてしまう子でした。
 幼稚園に行く時大丈夫かな?と思っていた頃こばと幼稚園のホームページを見て、ぴよこクラブの事を知りました。まずは、説明会で話を聞いてからにしようと思い参加しました。始めは、親子で一緒にそして少しずつ子から離れていくと知り、これなら無理なく離れる事ができるのではと思いぴよこクラブに入会しました。
 始めはやはり私から離れずヒザの上に座り、返事すらできませんでした。先生たちもとてもやさしく、心配していた私に「大丈夫ですよ!とても慎重な子なんですね。周りをとっても良く見てます。」と言って下さいました。
 今では、「バイバイまたお迎えに来てね!」と手を振ってくれるようになりました。先生たちは本当に良く見てくださっているんだなと思いました。
 園児たちの様子を見ていて、とても楽しそうに体を動かしたり、音楽や勉強をしていました。
 これからの息子の成長が楽しみになりました。
 3年間どうぞよろしくお願いします。

新入園児母 平成30年2月16日

 上の子がこばと幼稚園を卒園して2年になります。下の子も、何の迷いもなく、こばと幼稚園を選びました。
 下の子が、去年からぴよこクラブに通っています。久しぶりのこばと幼稚園。最初は親の私も少し緊張しました。でも、見覚えのある先生方と話しをすると一気に和み、落ち着けました。
 たくさんの園児がいる中で、私の顔を見るなり「お久しぶりです、〇〇くんは元気で頑張ってますか?」など、職員の方々が声を掛けて下さり、驚きました。「〇〇くんの妹さんなのね~~」とか、「赤ちゃんだったのにお姉ちゃんになったね~~」など、とにかく、たくさん声を掛けて下さり、本当に温かい幼稚園だなぁ、と改めて思いました。
 上の子は、当時は厳しい幼稚園生活で、毎日疲れ果てていました。「幼稚園嫌い」が口癖のように話していました。何をやるにもあまり積極的ではないし、上手くできないしで…当時は私も、もっとのんびりとした幼稚園にすればよかったかな~~と何度か考えました。でも、年長さんも終わりになってきた頃、突然いろいろな事に前向きに頑張るようになりました。そして、卒園後、「こばと幼稚園でよかった、ママ、こばと幼稚園に行かせてくれてありがとう」と言ったんです。この言葉に、息子の成長を感じ、とても嬉しかったのをよく覚えています。
 小学校に入ってからは、宿題など、言わなくても自分からやるし、「面倒~~」と言いながらもやる時は集中してしっかりとやっています。これは、こばと幼稚園のおかげだと日々感じています。
 まだまだ先だと思っていた娘がもうすぐ幼稚園生です。少し心配ですが、こばと幼稚園なら大丈夫、娘なら大丈夫だという思いの方が大きいです。
 これからの幼稚園生活で、娘がどう成長していくのかがとても楽しみです。

新入園児母 平成30年2月17日

 こばと幼稚園にお子さんを通わせている知人から”こばと幼稚園”の話を聞いて、自分の子供も”こばと幼稚園”へ通わせたいと思っていました。
 しかし、現在別の保育園に通園し、仲の良いお友だちができたため、このまま保育園へ通わせようかと迷っていました。
 そこで、保育園へ通園しながら週に一度”ぴよこクラブ”で幼稚園の体験をさせることにしました。まず、”ぴよこクラブ”に通い始めて感じたのが、先生方が子供一人ひとりのことをとてもよく見て接してくれている。無理やり親から引き離すのではなく、その子のペースを大事にしてくれる。いつも笑顔でとても温かい場所だなという印象でした。
 実際、恥ずかしがり屋で内気な我が子も、緊張はすごくするけれど、先生がやってくれる活動や制作に興味津々で、今日は何をするんだろうとワクワクしながら登園を楽しみにする姿を見て、”こばと幼稚園”でお世話になろうと決めました。
 3年間、娘の成長、可能性を心より楽しみにしてします。

新入園児母 平成30年2月

 3つの幼稚園の説明会を参加したのですが、やっぱりこばと幼稚園の先生方や園児たちはしっかりしていると思います。最初は主人からこばと幼稚園がいいと聞いて、園へ行ったら、園児たちからの元気なあいさつや元気な姿はいまでもわすれていません。こばと幼稚園は園児の座る姿勢から、逆立ちまで、しっかりしつけをつけてくれて、漢字を学べる環境をつくってくれて、とてもいいと思います。

新入園児母 平成30年2月16日

 幼稚園選びをする時、一番初めに行こうと決めていたのがこばと幼稚園でした。
 母親の私が卒園生で息子も同じ幼稚園に入れたいなという思いがありましたが、何より決め手になったのは体験スクールに行った時園児たちの体操の発表を見た時にとても感動しました。
 息子も同じように色々なことに挑戦して壁にぶつかっても、一生懸命頑張ってほしいという思いからこばと幼稚園の入園を決めました。
 園児の元気なあいさつ、まだ小さいのに席に座って学習していている姿やできなくても諦めずに体操の練習をしている姿にとても感動しました。
 3年間の成長がとても楽しみです。母親の私も、息子のことを全力でサポートしていきたいと思っています。
 3年間よろしくお願い致します。

新入園児母 平成30年2月16日

 プレに通うにあたって、いくつかの幼稚園を見学しました。子供たちが元気に活動している様子を見て、こばと幼稚園に通わせたいと思いました。
 新しい事を楽しみながら吸収できるこの時期に、「できることはおもしろい、おもしろいから練習する、練習すると上手になる、そして次の段階へ行きたくなる」というこばと幼稚園の教えで、色々な事を経験させてあげたいと思います。
 ぴよこクラブの先生方は、子供の気持ちを大切にしてくれて、親と離れると泣いてしまっていた子が、1度も嫌がることなく、今では仲良しのお友だちもできて、ぴよこクラブに楽しく通っています。
 幼稚園で教わった歌やおはなしを家で披露してくれる姿を見て、これからの園生活がとても楽しみです。

新入園児母 平成30年1月27日

 本年度こばと幼稚園に入園を決めた理由は子供のやる気とやればできるという事が姉の幼稚園生活を見ていて実感できたからです。
 子供にできる事を幼稚園生活で培って行くうちに家での生活や課外でも自立できた移動に自然となって行く事。
 そして心の勉強、日本人としての道徳心も培い親だけではできない日本人としての人の教育をしていただけるなと思ったので入園を決めました。

新入園児母 平成30年2月17日

 新入園児の息子にはこばと幼稚園の年中に姉がいます。
 姉はぴよこクラブに入会して初めの頃は人見知りでおとなしく心配していましたが半年が過ぎ母子分離になる頃にはすっかり慣れ、元気に楽しく過ごせるまでに成長しました。今ではたくさんのお友だちができ、あいさつも元気に、かけっこ、体操、読み、書き、計算、どれもびっくりするくらいに成長しています。
 子供たちのやればできる、可能性を信じて挑戦するこばと幼稚園なら息子もきっと成長してくれると思っています。
 息子はぴよこクラブに入会した時から元気、活発、走り回るような子で娘とは真逆ですがこれから3年間宜しくお願い致します。

新入園児母 平成30年2月11日

 こばと幼稚園を選んだ一番の理由は在園生が逆立ちして歩いているのを見た時、とても驚いて感動したからです。
 生まれつき股関節が硬く、身体も他の子供に比べて硬い我が子にも無限の可能性があると思い色々チャレンジさせて下さるこばと幼稚園に入園を決めました。
 先生方もいつも笑顔であいさつをして下さりとても楽しくぴよこも通うことができました。これからの幼稚園生活と子供の成長を見るのがとても楽しみです。

新入園児母 平成30年3月1日

 知人に紹介されて、側転ができるようになったとの内容がとても気になり、漢字、計算などの基礎学習のカリキュラムなど、習い事でさせようと思っていた内容を園生活でしていただける事、夕方6時まで預かっていただけるのであれば仕事をしながらでも通わせられると思い入園を決めました。

新入園児母 平成30年2月10日

 息子は、3人目の子供。長男長女共にこばと幼稚園の卒園生。選ぶというより、自然と息子もこばとへというのが一番の理由。
 特に、長男、長女がお世話になっているときも、丁寧に接して頂いた印象が強く、未だに先生方も長男、長女を見かけると明るく声を掛けてもらい、私としても好印象を持っています。
 息子は年の離れた兄といつも一緒に遊んでいる姉にかこまれ、3人目らしく活発に自由に遊んでいますが、私の中で同世代の子供たちと楽しく園生活を迎えていけるのか、少し不安もありますが、こばと幼稚園なら大丈夫と安心しています。
 先生方、職員の方々にも多々ご迷惑をお掛けするかも知れませんが、何卒宜しくお願い致します。

新入園児母 平成30年3月1日

 こちらの幼稚園は、周りに通ってる子供がたくさんいたため色々な話を聞く機会も多く、前からとても気になっていました。
 そして、実際ぴよこクラブの体験会に行った際に【こばと夢フェスタ】の映像をみて、とても感動しました。
 そして子供に、たくさんの可能性を与えてくれるこちらの幼稚園にぜひ通わせたいと思いました。その思いは、ぴよこクラブに1年間通わせても変わりませんでした。
 今後も、こばと幼稚園でたくさんのことを経験して、自分のなかの可能性の芽を少しずつ育てていってほしいと思います。
 これから3年間どうぞよろしくお願いします。

新入園児母 平成30年2月17日

 第1子のためお友だちとあまりふれあうことが少なく、心配でしたのでぴよこクラブに入りました。他の幼稚園のプレスクールにも通いましたがぴよこクラブは9月以降、母子分離というのもあり、いつでもママがやってと言っていた息子が1人でくつをはいたり、ズボンをぬいだり、できるんだというのをみせてくれて、本当に成長を感じました。今でも泣くことはありますが、終わる時間には笑顔をみせてくれます。年少さんからもぜひこばと幼稚園でおせわになりたいと考えこの幼稚園を選びました

新入園児母 平成30年2月15日

 上の子が今お世話になっているので、下の子も迷わず入園を決めました。
 親だけではできない様な教育やしつけ(日常のマナー)などをこばと幼稚園で行っていただいているおかげで、家での生活にも大きな変化、成長を感じています。
 下の子も兄の頑張っている姿を見て、「何事にも挑戦する心」が育つことを期待しています。

新入園児母 平成30年2月12日

 選んだ理由はやはり教育方針です。以前から話を聞いていましたが、上の子は保育園。小学校に入ってから、状況が良く理解できました。私の職場、お客様からの評判も良い。
 年をとってからの下の子なので、幼い時に力をつけてもらいたいと思います。

新入園児母 平成30年2月26日

 こばと幼稚園に我が子を入園させようと思った理由は文武両道(運動と先取り学習)です。
 先ず先取り学習と言うと賛否両論があると思います。しかし私が先取り学習をやろうと思った理由は、今後(小学生)のゆとり学習に向けるためです。
 私自身小学生になってから読み書きを習い始めました。しかし小学校という環境変化勉強を今までしたことのない私には授業に追いつく事はとても大変でした。その時勉強への苦手意識もありました。予習や先取り学習をしていると、内容を理解した上で学校で勉強を習うと、わかっているところは理解が深まり、わからなかったところは集中して先生の話を聞いたり、質問したりできると思います。
 頭の中に何もない状態で授業を聞いても、なかなか頭に入っていかないものです。
その点こばと幼稚園ではひらがな、たし算九九、かけ算九九といった基礎学力を、小学校に上がる前に身につけるという点に共感しております。
小学生になってひらがな、足し算、九九などに費やす時間を自分の趣味興味を探求する時間に充てる事が出来たらと思っています。
 そして運動は脳の発達にとても重要です。脳の90パーセントは6歳までに出来上がります。体操教室の先生曰く、幼少の頃にいかにいろんな運動してきたかによって運動神経と言うのは決まってくるそうです。運動も物事も同じですが“出来ない” と言うのは物理的に出来ないのではなくやった事がない、あるいは練習が足りないという事が多いように見受けられます。
 幼少期は抜群の吸収力で、周りの環境からたくさんのことを学ぶ時期です。子供の可能性を大切にし、最適な時期に最高の環境を提供してくれるこばと幼稚園でより多くの事を経験できたらと考えています。
 これからどうぞよろしくお願いします。。

新入園児母 平成30年2月20日

 幼稚園に入りたい、そう感じて探し始めたのは1歳半の頃のことでした。幼稚園の様々な情報を見て色々な特徴などがあることを知り、我が家では何を重視するのか?一番何が大切か?本当にどれにすることが子供にとって一番なのか?悩みました。
 ぴよこクラブや近隣のプレ幼稚園に通わせてみて感じたことは、これから幼稚園の3年間の間には子供はもちろん私たち親にとっても様々なことがあるでしょう。そんな時、頼りになる信頼できる幼稚園はと考えたときやはりこばと幼稚園にしようと入園を決めました。
 まだ食事を一人では食べることができず、洋服の着替えも自分では出来なくて入園後うちの子にもできるのかと心配していますが、様々な体験をこばと幼稚園ですることで大きく成長してくれるように見守りながら、子供と一緒に楽しい幼稚園生活を送っていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

新入園児父 平成30年2月3日

 こばと幼稚園への入園を考えたのは、1歳半の頃でした。大きく才能を伸ばしていただける幼稚園と近所に住む卒園生の保護者に聞き、ぜひとも入園させたいと考えていました。しかし、当時は家庭の事情で子供を保育園に預けており、幼稚園に行くことなどかなわぬ夢だと思っていました。それから1年、状況が変化し、何とか娘を幼稚園に行かせられる状況となり、それならばと選んだのがこばと幼稚園でした。
 園の体制も大きく変わっており、新しいことにどんどん取り組んでいただけるようで、今後大変期待しています。是非ともよろしくお願いします。

新入園児母 平成30年2月14日

 3人のお兄ちゃんに続き、娘もぴよこクラブからお世話になりました。お兄ちゃんたちが通っているからか娘は幼稚園が大好き、先生が大好き、自分も幼稚園に行ける喜びでいっぱいです。迷うことなくこばと幼稚園に通わせます!YYプロジェクトだけではなく礼儀や、感謝など、いろいろ学んでくれたらと思います。4月から年少さんの娘!楽しんでね!

新入園児母 平成30年2月14日

 兄がお世話になった3年間、とても良くして頂き、成長をさせてもらいました。
 卒園した今も、こばと時代に身に付いた、本を読むこと、机に向かうこと、等  継続出来ています。
 次男は1月生まれ(兄は4月)なので、今だに「入園してやっていけるかな」と思うくらい幼いですが、こばとの先生方なら安心してお預け出来ると考え、選びました。
 また3年間よろしくお願い申し上げます。

新入園児母 平成30年2月14日

 私達夫婦がこばと幼稚園を選んだ理由は、『ヨコミネ式』です。以前テレビでヨコミネ式を特集していて、在園中に逆立ち歩きができるようになると知り、びっくりしたのが第一印象でした。そして、子供の好奇心を引き出す教育方針に惹かれました。
 私は、自分の子供のことは全部分かってるつもりで、『これはできないな』と決めつけて、つい手を差し伸べて、答えを教えてしまっていました。しかし、ヨコミネ式は、子供たちが自分の頭で考えて行動することを大切にしているということで、コレだ!と思い、ヨコミネ式を導入しているこばと幼稚園を選びました。
 ぴよこクラブでも、先生が「折り紙を三角にするにはどうしたらいいかな?」と質問し、子供たちが「はさみで切ったら?」「はさみがないなら諦めようか!」「折ればいいんだよ!」と次々と発言して行く中で、答えにたどり着くまで、先生方がいろんなヒントで導いてくださっていて、ヨコミネ式の教育方針に納得すると同時に、親として感銘を受けました。家庭ではどうしても時間に追われてしまい、子供の考える力を最大限に引き出してあげられないのが現状です。こばと幼稚園に通うことで、つよい体、つよい心、つよい意思を身につけてほしいと願っております。そして私たち夫婦も夢育を心がけて、親として子供と一緒に育っていけたらと思っております。何よりこばと幼稚園での我が子の成長がとても楽しみです。これから3年間よろしくお願い致します。

新入園児母 平成30年2月16日

 幼稚園に送っていた頃、ぴよこクラブの体験活動がある事を知りました。実際に見学してみると、施設も整理整頓されており、先生方のあいさつも明るく、こばと幼稚園に入園させることを決めました。
 1年間、ぴよこクラブに通う中でも、子どもが楽しんで活動しており、毎回クラブに通うのを楽しみにしていることが分かりました。
 入園してからも学習や運動、行事と盛り沢山な園生活、親子で楽しみにしています。

新入園児母 平成30年2月12日

 こばと幼稚園を選んだ理由はメリハリのある教育に魅力を感じたからです。
 長女が通園していることもありますが、運動会のかけっこなど競争するときには順位がでますし、こばと夢フェスタなどみんなで一つのものを作り上げるときには力を合わせることができる。入園前は一人で自分のやりたい遊びしかしなかった娘がお友だちと楽しく学んでいる姿を見ていて、弟もぜひこばと幼稚園に入れたいと思いました。

新入園児父 平成30年2月15日

 いつもお世話になっております。
 規律ある生活の中で、子供たち同士が、お互いに刺激しあい、高めあっていけそうなところ。
 先生方が子供たち一人ひとりをよく見て、対応してくれそうなところ。
 できるまでやりきらせることを通して、子供に力をつけてくれるところ。
 以上3点が大きな理由となり、入園を決めさせていただきました。よろしくお願いいたします。

新入園児父 平成30年2月15日

 10数年前でしょうか、あるテレビ番組で鹿児島の保育園が紹介されており、園児たち数名が列となり逆立ちをして教室の端から端まで順番に行進している姿を見た時、正直「4−5歳の子供が皆そろってこんな曲芸のようなことができるのか!?」と驚かされました。ヨコミネ式という言葉を初めてその時聞きました。園長の横峯氏の言っている「子供の可能性は無限大です。」という言葉は、確かにそうかもしれないと思わされました。
 長男が生まれ早3年が過ぎましたが、毎日この子をみていると(どのお子さんも同じことが言えると思いますが)常に何か新しいことに挑戦したい、できるようになりたいという意志を感じます。親として子供がその時にできる最大の可能性を見出し、サポートしてあげたいと思わざるを得ません。
 このような思いの中、幼稚園選びはヨコミネ式を取り入れているところが良いと思い、こばと幼稚園を選びました。
 すでに息子は2歳児クラスに通っていて、先生方も熱心で親切な方々ばかりで安心しているところです。

新入園児母 平成30年2月17日

 娘の幼稚園を探し始めた頃、主人の職場の方のお子さんが卒園生で、「こばと幼稚園に入ったら椅子に座り机に向かう習慣がつく」というお話を聞くことができました。また、こばと幼稚園は「ヨコミネ式」を導入しお勉強や運動にも熱心なことは有名で、他の知人からも「やる気があってとても良い幼稚園だよ」ともお話を伺えました。ぜひ入園させられたらと思いました。
 うちの娘は引っ込み思案だしおっとりした子なのでついて行けるか心配でしたが、娘を2歳児対象のぴよこクラブに週一回通わせてみました。先生方はとても丁寧に対応してくださり、一歩一歩活動に慣れて行ったようです。おじいちゃんおばあちゃんからも、ぴよこクラブから帰って来た後はあいさつをきちんとしたり、お行儀が良くなっているねと褒められていて、入会させて本当に良かったと嬉しく思っています。
 幼稚園での生活を通じ、様々な経験をして、楽しく過ごしてほしいと願っております。これからの3年間どうぞよろしくお願い致します。

新入園児母 平成30年2月10日

 まず最初にこばと幼稚園に興味を持ったのは教育にヨコミネ式を取り入れていることでした。
 子供の可能性を伸ばしてあげたいという思いでぴよこクラブに申し込みました。
 実際に園を見学してみると、私が想像していたヨコミネ式のイメージよりも園児たちがのびのびとしていて穏やかな印象なのも安心感が沸きました。
 先生方もいつも明るく挨拶をしてくださったり、子供たち一人ひとりにしっかりと面と向かって声をかけてくださる姿勢も素晴らしいと感じました。
 こばと幼稚園で子供がどのように成長していくのか、とても楽しみです。
 3年間、よろしくお願いします。

新入園児母 平成30年2月

 仕事と育児の両立はとても大変です。本来、家で教えなければならなかったひらがなや英語を園で教えてくださること、また体幹を鍛えるための教育や音感教育をしてくださるといったことが園に入ろうと思った決め手となりました。子供の可能性を拡げるために多方面からアプローチしていく教育体制は魅力的です。とても期待しています。

新入園児母 平成30年2月6日

 私の友人や親戚の子供がこばと幼稚園にお世話になっており、幼稚園の話を聞きますと、「あんないい幼稚園は他にないよ。」とみんなが口を揃えて言っていたので、ぴよこクラブに応募致しました。
 実際に5月から通い始めて一番良かったことは、先生方の対応がすばらしいことでした。いつも笑顔で迎えてくださり、子供たち全員の名前をしっかりと覚えてくださっていたことは本当にびっくりしました。又、子供の心配な点を先生に相談した時には、どの先生も的確で温かなアドバイスをしてくださり、心から安心することができました。
 娘がぴよこクラブで覚えてきた歌を家で楽しそうに歌ったり、学んできた工作なども少しずつできるようになるなど、成長していく様子を見て、ぴよこクラブに通わせてよかったと思いました。
 幼稚園に通う中で、ぴよこクラブ以外の先生方とすれ違う時もほとんどの先生がきちんと挨拶をしてくださり、とても明るく雰囲気のいい幼稚園だと感じたので、こばと幼稚園に入園させたいと強く思いました。

新入園児母 平成30年2月11日

 入園にするにあたり近所の幼稚園をいろいろと見学やホームページを拝見しました。
 その時に、こばと幼稚園を見つけお勉強、スポーツなど色々なことに取り組んでくれることを知りました。
 そこでぴよこクラブがあることを知り通わせようと思いました。毎回、楽しく通っている姿や、在園児はいつも元気にあいさつをしてくれ、先生方はいつも笑顔で、丁寧に対応してくださる姿を見て是非入園させたいと思いました。
 まだまだ分からないことだらけですが3年間よろしくお願いします。

新入園児母 平成30年2月13日

 この度数ある幼稚園の中からこばと幼稚園への入園を決めた理由は、第一に今年6年生になる上の子が通っていた事です。
 一日のカリキュラムがしっかりしていて、入園当初はそれまでの生活から激変して子供自身もとても大変そうでしたが、毎日積み重ねて行くことにより、上達し、自信になり、向上心も芽生え3年間で驚くほどの成長を見せてくれました。
 こばと幼稚園で培ったものは、小学校でもそしてこれから先にもきっと子供自身を支えて行ってくれると確信しています。

新入園児父 平成30年2月12日

 まだ子供が生まれる前、何かのテレビ番組でヨコミネ式の紹介が放送されていました。
 なんとなくこういう環境で子供を学ばせたいなと感じましたが、通わせるのは遠すぎて無理かなとあきらめていました。
 子供が生まれ、テレビでみたヨコミネ式のことも忘れていましたが、実際に幼稚園を検討する時期に、こばと幼稚園の話を、実際にお子さんを通わせていた知人から聞きました。家からも近いし、それならと思いまずは2歳児のぴよこクラブに申し込みました。
 お父さん、お母さんにべったりで、最初は泣いて暴れてぴよこの教室に入ることもできなかったうちの子も、がんばって通い、お友だち、先生が大好きになりました。ぴよこクラブの事を家で話したり、習ったダンスも楽しそうに踊ってくれるようになりました。 
 まだぴよこクラブの日は、お父さん、お母さんとずっと一緒にいたくてぐずる時もありますが、確実に成長していく姿を目の当たりにして、幼稚園児としての成長もこばと幼稚園で見ていきたいと思い、入園を決めました。
 今から、入園後がとても楽しみです。

新入園児母 平成30年2月10日

 他の園に比べあっとう的に学習や運動に力を入れている所が一番の決め手となりました。
 毎日短時間で少しずつ進めていくということでしたので、息子でも無理なくできるのではと考えました。
 また、主人もこちらを卒園しているので信頼もできます。
 先生方や在園生の印象もとても良かったので、今後が楽しみです。どうぞよろしくお願いいたします。

新入園児母 平成30年2月17日

 現在、年長さんに長女がいます。入園する時は正直ヨコミネ式とはどんなものかと思いましたが、3年間成長し続けた長女の姿と園児たちを見守る先生方の姿にとても感動し、ぜひ次の子もこばと幼稚園に入園させたいと思いました。