「先生のクラスで良かった」と言ってもらえた時は、やりがいを感じます
つくば国際短期大学出身
年少 さくら組担当 / 2015年入職
磯崎 夏実

Q1.こばと幼稚園(夢ナーサリー)を選んだ理由は?

磯崎 夏実

就職活動中に見学した際、子供たちが意欲的に活動している姿に驚きました。ちょうど跳び箱を飛べるようになった子どもがいて、先生と一緒に喜ぶ姿を見て私もやってみたいと思い面接を申し込みました。

Q2.子どもと接する際、普段心がけていることは何ですか?

「やる時はしっかりやる」こと。何かを学ばせる時にはそれを意識しています。その分遊ぶ時は子ども達と同じ目線で全力で関わるようけじめをつけています。

Q3.働く環境として良さを感じるところは?

先生方の団結力が素晴らしいです。行事などの際には全職員が一丸となって成功に向かって取り組みます。また先輩方も優しく、アドバイスしてくれたり、質問に対しても嫌な顔をみせることなく分かりやすく教えてくれるので安心して働くことができます。

Q4.やりがいを感じる瞬間は?

保護者の皆さんの次に子どもの成長を目の前で実感できること、感動で涙が溢れそうになる時など、この仕事に就いて良かったと思います。保護者の方から「ありがとう」とお礼を言われたり、「先生のクラスで良かった」と言ってもらえた時は他では得られないやりがいを感じます。

Q5.今後の目標について教えてください。

「子ども達からも保護者の方からも信頼され好かれる先生になる」という学生の頃からの目標があり、これからもそれを変わらずに心がけていきたいと考えています。

Q6.最後に学生の皆さんに伝えたいメッセージは?

毎日一つは感動や面白エピソードがあり、楽しく仕事ができるのはこの職業ならではだと思います。そしてこばと幼稚園では子ども達の3年間の成長を体操や鍵盤、ハーモニカの上達を通しても実感できるので、とてもやりがいを感じられます。

PAGE TOP