夢育(YOU MAKE)について

立腰・道徳指導

まずは学ぶ姿勢を整える

教育は教える側の姿勢と、受ける側の姿勢が大切だと考えています。そのため、姿勢を正して心と体の「柱」を育てることも大切にしています。それが、 「立腰・道徳教育」です。

立腰教育とは哲学者・教育学者である森信三氏が提唱した腰骨をいつも立てることで集中力・持続力の根本を育てるメソッドです。また同時に人間力の基礎となる道徳教育も重視しており、姿勢を正して道徳教育をすることにより子供たちがこれから生きる上で大切な心と体に柱を立てることを目的としています。

立腰(りつよう)教育でやる気スイッチオン

立腰園児活動に入る前の1分間、正しい姿勢を意識して目をつぶる。毎日のこの1分間の積み重ねが子どもたちの心と身体の柱を育てます。目をつぶっている間も、担任が子供全員の背筋に指をあてて、正しい立腰の姿勢を覚えさせますが、これも次第に自分でできるようになっていくのです。継続することでできる実感をここでも体得していく子供たちです。この習得に毎日取り組んでいます。

立腰の功徳十か条

  • 1. やる気が起こる
  • 2. 集中力が研ぎ澄まされる
  • 3. 持持続力がつく
  • 4. 頭脳が明晰になる
  • 5. 勉強が楽しくなる
  • 6. 成績も良くなる
  • 7. 行動が俊敏になる
  • 8. バランス感覚が鋭くなる
  • 9. 内蔵の動きが良くなる
  • 10. スタイルが良くなる

ritsuyo