令和2年度 卒園された保護者の皆様からの声__9

2021/09/15保護者さまの声(幼稚園)

令和3年3月18日 卒園児父・母

卒園式を目前に控え、早いなぁと入園式のことを思い出します。ぶかぶかの制服に身をつつみ、私と夫の側にぴったりくっついていた頃が少し前のように感じます。

年少の時は毎朝、『寂しい~!』と泣いていて、先生に応援してもらったり、年中さんや年長さんに『一緒に行ってあげる!』と声をかけてもらい連れられて部屋に向かっていました。帰宅すれば「明日は幼稚園?」と行きたくないからか毎日聞かれました。

こんなことで大丈夫だろうかと心配する日々が続きました。しかし、お迎えに行くと友だちと元気に遊ぶ姿や先生と笑顔で話す姿が見られ園では楽しく過ごしているんだなと思いました。数ヶ月すると自ら私の手を離し『行ってきまーす!』と元気に登園するようになりました。またこの頃から数字を覚える、歌を歌う、たくさんの色を使って絵を書く、体操を見せてくれるなど園で教わってきたことを家で見せてくれる機会も増えました。当たり前のことかもしれませんが私たちには大きな成長だと感じました。

特に成長を感じたのは運動会や夢フェスタなどの行事でした。先生が側にいなくても自分で考えてみんなと一緒に一生懸命取り組む姿に涙が出ました。初めて見る夢フェスタは華やかで盛り沢山でこれが幼稚園の発表会⁉︎とびっくりしました。両親も見にきましたが、こばと幼稚園の発表会はすごいね!見応えあるし、特に年長の体操発表はすごいね!と盛り上がっていました。

年少の頃から自宅で特訓していた体操ですが、できないー!と泣きながらやっていたこともしばらくすると出来るようになり、新しいことに挑戦する、そして出来なくて泣くを繰り返し私達は3年間見守ってきました。幼稚園最後の夢フェスタ、こちらまで緊張してしまい不安でいっぱいでしたがよくやった!!!と思うくらいカッコよかったです。ひとつひとつの動作がきれいでみんなでひとつのステージを作ることの素晴らしさに感動しました。今まで頑張ってきたことが身を結んだすてきな発表でした。

他の子に比べると何事も覚えるのに時間がかかる息子でしたが、先生はいろいろな方法で教えてくれました。『今日はこんな風に教えました!』『今日はこんなことをしてみました』と親身になって頂きとても感謝しています。

ここまで成長できたのは息子に関わって頂いたすべての方のおかげです。また、今年はコロナということもあり、困惑することも多かったですがそれでもたくさんの思い出が出来たのは園長先生をはじめたくさんの先生方の努力と頑張りの賜物だと思っています。

子供たち、私たち親のことまで考えて行動してくださりありがとうございます。

春から下の子が入園します。また3年間始まるのだと思うととても楽しみです。

どうぞよろしくお願いいたします。

園の日常やお知らせなど
FacebookやInstagramで
ご紹介しています。

こばと幼稚園のInstagram

YouTubeチャンネルで主な行事のダイジェスト動画を配信中!
保護者の方は専用ページでロングバージョンをご覧いただけます。


ページのトップへ戻る